ワラウ - 遊べるポイントサイト ヘルプ

みなさんのたのしいエピソード&ミニストーリーを募集中!

応募・規定につきまして

  • 投稿いただいた内容は必ず掲載されるわけではありません
  • 投稿文は、編集して掲載する場合がございます。又、200〜500文字以内にお願い致します
  • 投稿文は株式会社オープンスマイルに帰属します。個人を特定する内容、誹謗中傷、著作権、商標権に反する内容、商業目的などに該当すると判断した場合は掲載されません
  • ブログに掲載されるまで、多少のお時間が掛かります
  • ポイントプレゼントのため、ワラウに登録されているメールアドレスでご投稿ください

応募&投稿フォーム

  • タイトル (10文字以内)
  • 投稿文 (200〜500文字以内)  現在 0 文字
  • ペンネーム (10文字以内)
  • メールアドレス (半角英数)
  • 性別 男性 女性
  • 年代
  • 都道府県
◆ 個人情報の取り扱いについて
ご登録情報は、JISQ15001に準拠する規程に基づき、適切に管理いたします。 株式会社オープンスマイルのプライバシーポリシーはこちらをご確認ください。

【個人情報の利用目的】
・ポイント付与手続きに必要な業務範囲内で、ご入力頂いた情報を利用いたします

【取扱いについて】
・ご本人の同意がある場合や法令に基づく場合を除いて、個人情報を第三者に開示する事はありません
・個人情報をご入力いただけない場合は、ポイント付与のお手続きが完了できません
≪個人情報に関するお問合わせ窓口≫
株式会社オープンスマイル
個人情報保護管理責任者 山本敏匡
privacy@opensmile.co.jp
私の家の近くに大きな神社があります。駅への近道は、その神社の横を通り抜けていくこと。車もあまり来ないので、たくさんの人が通行しています。道路の片側には、太い幹の樹木がずらりと並んでいます。ある日、その中の一本に張り紙が吊り下げられました。「大きなハチの巣がありますので注意してください」……目にした人たちは、みんなビックリして頭上を見上げたり、周囲を見回したり。並木道を通り抜けるまで、ハラハラ・ドキドキです。でも、いくら探してもハチの巣は見当たらないのです。とはいえ、小学校の通学路にもなっているので、見過ごすことはできません。神社の方に尋ねてみても「心当たりはない」という返事。いったい誰が掲示したのかも不明のまま、いつの間にか張り紙は消えていました。イタズラだったら許せませんが、もし本当ならば巣の場所を分かりやすく教えて〜!って誰にお願いすればいいのでしょう?
自宅でくつろいでいるときに、ふと外を見ると、今まで晴れていたのに、急に黒い雲に覆われていました。インターネットで見ると、激しい雨の区域がだんだん近づいていました。それを見た妻が、レインコートの防水性を試したいと言って、二人分のフード付レインコートを持ってきました。そして、二人分のレインシューズも用意して、一緒に散歩に行こうと言い出したのです。仕方なく、付き合うことにしました。外出準備ができた頃には、雨が降り出していました。傘を差さずにレインコートにたたきつける音が聞こえるぐらいの土砂降りの雨の中、10分ぐらい散歩すると、妻が着ていたお気に入りのレインコートは水が染み込んで、中の衣類は結構濡れていましたが、私が着ていたレインコートは全く水を通さず、衣類が全く濡れていませんでした。その結果、妻は自分が着ていたお気に入りのレインコートは二度と着ることはなく、私が着ていた実用的なレインコートを着るようになりました。こんなときでなければ、レインコートの防水性は試せないとつくづく思いました。
近所で美味しいと評判の小さな定食屋さん。ずーっと気になっていて、いつか行きたいなと思っていた。ある日、友達がこっちまで遊びに来てくれたので、そこの定食屋さんに行こう!という話になり、旦那さんと旦那さんとの共通のお友達と3人で出かけた。お店の外には、ランチメニューやオススメ定食が書かれてあり、3人は何にしようかワクワクしながら、お店の中に入った。そうしたら、お店のご主人らしき人が出てきて、「何名?3人??」と聞いてきた。私たちは「はい。」と答えると、ご主人は「3人??3人は無理だぁ〜〜〜。カレーならできるけど。」と答えた。私たちはみんな頭が「???」となり、昨晩がカレーだったこともありお店を出た。店内は小さいけれども12名ちょっとは座れそう席があり、お昼の時間を過ぎた、変な時間に行った訳でもなかったので、3人はあっけにとられ、近くの中華料理屋さんで食事を済ませたのであった。今度行くときはもっと少人数で行こうと思う(笑)
 二年前から、一日一万歩歩こうという運動をしています。万歩計を持ってひたすら歩くのですが、私は犬を飼っているので、朝晩犬を連れてお散歩しています。雨とかで外を歩けないときは、家の中をうろうろと動物園のクマのように歩いてます。家族からは「又やってる」とあきれられてます。歩きながら歌を詠んだり、写真を撮ったりと一石二鳥ならぬ一石三鳥、一石四鳥を目指して頑張ってます。ある時帰ってきてから歩数計を忘れた事に気づきショック。「今日は無駄歩きだった」と怒っていると主人が「本末転倒だね。何のために歩いているの?」と。
近所のスーパーに買い物に行ったときの話です。そのお店は入り口から入ってすぐの所にカップラーメンの特売コーナーがありまして。積み重なった段ボールの上に更に2段、3段重ねくらいで置かれたカップラーメンがいつも10種類くらい販売されてるんです。ただその日は店員さんも急いでたんですかね?豚骨ラーメン関係の商品のポップが全て軟 骨 ラ ー メ ンって書いてあったんですよね。でも豚骨ラーメンより膝関節を労わってくれそうというか、階段の上り下りが楽になりそうだなぁと思ってむしろ買いたくなりましたよね。