ワラウ - 遊べるポイントサイト ヘルプ

みなさんのたのしいエピソード&ミニストーリーを募集中!

応募・規定につきまして

  • 投稿いただいた内容は必ず掲載されるわけではありません
  • 投稿文は、編集して掲載する場合がございます。又、200〜500文字以内にお願い致します
  • 投稿文は株式会社オープンスマイルに帰属します。個人を特定する内容、誹謗中傷、著作権、商標権に反する内容、商業目的などに該当すると判断した場合は掲載されません
  • ブログに掲載されるまで、多少のお時間が掛かります
  • ポイントプレゼントのため、ワラウに登録されているメールアドレスでご投稿ください

応募&投稿フォーム

  • タイトル (10文字以内)
  • 投稿文 (200〜500文字以内)  現在 0 文字
  • ペンネーム (10文字以内)
  • メールアドレス (半角英数)
  • 性別 男性 女性
  • 年代
  • 都道府県
◆ 個人情報の取り扱いについて
ご登録情報は、JISQ15001に準拠する規程に基づき、適切に管理いたします。 株式会社オープンスマイルのプライバシーポリシーはこちらをご確認ください。

【個人情報の利用目的】
・ポイント付与手続きに必要な業務範囲内で、ご入力頂いた情報を利用いたします

【取扱いについて】
・ご本人の同意がある場合や法令に基づく場合を除いて、個人情報を第三者に開示する事はありません
・個人情報をご入力いただけない場合は、ポイント付与のお手続きが完了できません
≪個人情報に関するお問合わせ窓口≫
株式会社オープンスマイル
個人情報保護管理責任者 山本敏匡
privacy@opensmile.co.jp
妻と一緒に歩いて買い物に出かけた時のことです。テレビの天気予報では雨が降ると言っていたので、外を見ると、小雨が降っていました。そこで、妻は、買い物した荷物を持って傘を差すのはめんどくさいし、気温が高く蒸し蒸しして、雨はひどくならないと思って、おしゃれで薄手のフード無しの撥水性レインコートを着て、レインキャップをかぶって出かけました。私は、インターネットを見て、強い雨の区域が近づいているので、妻にフード付で完全防水性のレインコートを着る方がいいとアドバイスをしたのですが、無視されました。そこで、私はフード付で完全防水性の上下レインコートに長靴を履きました。さて、買い物が終わり、両手に荷物を持って店を出ると、空はいっそう暗くなっていて、気温が下がり、雨は少しひどくなっていましたが、大したことはないと思って帰路に着きました。ところがしばらくすると、バケツをひっくり返したぐらいの雨が降り始めました。先に歩いている妻を見ると、首筋からレインコートの中に雨水が入っていくのがわかり、レインコートを着ている意味がないぐらいびしょ濡れになっていました。自宅に帰ると、考えが甘かったとぼやいていました。
 うちの息子たちはふたごちゃんです。2歳の時市民病院に連れていきました。すると・・・。 歩き回つていた長男を見たどこかのおじいちゃんが、わたしと次男が座っている椅子を見て「あれ〜。この子さっき会った子じゃないか。どうしてここにいるんだ!俺、頭がおかしくなったのかな???」真剣に悩んでおられました。 思わず待合室の患者さんたちは大爆笑!! 家族はちゃんと二人の区別がつくのですが、初対面の方は、わからないようです。 そういえば主人も寝ている顔では、よく間違えました。 大人になった二人はまったく異なった顔をしており、なんだか不思議ですね。
私が通った高校の体育祭には『部活対抗リレー』という競技がありました。文字通り各部の代表がリレーをするのですが、バトンには部を象徴する道具が用いられ、運動部はハンデ付き。野球部はバット・テニス部はラケット・剣道部は竹刀を素振りしながら、バスケ部やサッカー部はドリブルしながら走るのです。水泳部は「バトンがビート板では軽すぎる」との理由で、コースを分けるプラスチック製のブイをたすきのように斜め掛けしてました。最も有利と思われる陸上部のバトンは何とハードル! 倒したハードルの中にランナーが入り、ドーナツ型の浮き輪のように両手で持って走ってました。文化部で一番目立っていたのは演劇部。舞台衣装を身に纏い、バトンは小道具(バラだったり剣だったり)、バトン渡しは無声の寸劇でした。運動部はプライドを賭けてガチンコ勝負、文化部は貴重なアピールの場とばかりにスキップしたりバック走したり踊ったり等真面目に走らず。トラック内はもはやカオスで、生徒は元より先生たちも大笑い。父兄やОBの見学は不可の為、もう二度と生では見られないのが残念です。
私が通った高校の体育際には『部活対抗リレー』という競技がありました。文字通り各部の代表がリレーをするのですが、バトンには部を象徴する道具が用いられ、運動部はハンデ付き。野球部はバット・テニス部はラケット・剣道部は竹刀を素振りしながら、バスケ部やサッカー部はドリブルしながら走るのです。水泳部は「バトンがビート板では軽すぎる」との理由で、コースを分けるプラスチック製のブイをたすきのように斜め掛けしてました。最も有利と思われる陸上部のバトンは何とハードル! 倒したハードルの中にランナーが入り、ドーナツ型の浮き輪のように両手で持って走ってました。文化部で一番目立っていたのは演劇部。舞台衣装を身に纏い、バトンは小道具(バラだったり剣だったり)、バトン渡しは無声の寸劇でした。運動部はプライドを賭けてガチンコ勝負、文化部は貴重なアピールの場とばかりにスキップしたりバック走したり踊ったり等真面目に走らず。トラック内はもはやカオスで、生徒は元より先生たちも大笑い。父兄やОBの見学は不可の為、もう二度と生では見られないのが残念です。
先日雨の降る日に歩道を歩いていると道路をなにやら赤いものが移動しています。この国道は片道2車線でトラックの往来も激しい少し危険な道路なのですが、たまたまこの時は赤信号で往来が止まっていました。それをいいことに近づいて見てみると、それは体長10センチくらいのアメリカザリガニでした。はさみをフリフリしながらのんびりと歩いています。近くに川もなくいったいどこからやってきたのやら。よくひかれずによくここまで歩いてきたなと変に感心しながら、かと言ってこのままだとひかれてしまうのは目に見えています。放っておくのも気が悪いのでつまんで学校近くの用水路まで200mほど歩きました。大暴れしたので少し怖かったんですが仕方ないです。そのまま水にボチャン。帰りに見るとまだいたので息子にそれを見せると大喜びしていました。怖かったけど息子の笑顔でちょっと苦労が報われました(^^)