ワラウ - 遊べるポイントサイト ヘルプ

みなさんのたのしいエピソード&ミニストーリーを募集中!

応募・規定につきまして

  • 投稿いただいた内容は必ず掲載されるわけではありません
  • 投稿文は、編集して掲載する場合がございます。又、200〜500文字以内にお願い致します
  • 投稿文は株式会社オープンスマイルに帰属します。個人を特定する内容、誹謗中傷、著作権、商標権に反する内容、商業目的などに該当すると判断した場合は掲載されません
  • ブログに掲載されるまで、多少のお時間が掛かります
  • ポイントプレゼントのため、ワラウに登録されているメールアドレスでご投稿ください

応募&投稿フォーム

  • タイトル (10文字以内)
  • 投稿文 (200〜500文字以内)  現在 0 文字
  • ペンネーム (10文字以内)
  • メールアドレス (半角英数)
  • 性別 男性 女性
  • 年代
  • 都道府県
◆ 個人情報の取り扱いについて
ご登録情報は、JISQ15001に準拠する規程に基づき、適切に管理いたします。 株式会社オープンスマイルのプライバシーポリシーはこちらをご確認ください。

【個人情報の利用目的】
・ポイント付与手続きに必要な業務範囲内で、ご入力頂いた情報を利用いたします

【取扱いについて】
・ご本人の同意がある場合や法令に基づく場合を除いて、個人情報を第三者に開示する事はありません
・個人情報をご入力いただけない場合は、ポイント付与のお手続きが完了できません
≪個人情報に関するお問合わせ窓口≫
株式会社オープンスマイル
個人情報保護管理責任者 山本敏匡
privacy@opensmile.co.jp
うちのおかあさんはスーパーのレジでパートをしています。イケメンのお兄さんが「こんどのお休みはいつなんですか?」と聞いてきたので、「えっ、やだ〜!あのう 今度の土曜日の午後がお休みなんですけど」って答えたら、「すみません、お店の休みはいつなのか聞きたいんですけど」もう一つファミレスで「てごねハンバーグお願いします」って注文したら「すみません、いま手ごねハンバーグの機械が故障中なんです。」
昨年末電話で母と話していた時「今、年賀状書いてるのだけど、来年は10何年だった?」と聞いてきたので、「来年は17年よ」と答えました。毎年手書きの年賀状を送ってくれる母。元日に今年もキレイな字で書かれた年賀状が届いたのですが、なんかおかしいな、と違和感を感じたので隅々まで年賀状を見ると、下のほうに年月日が書かれていたのですが、それが「1917年1月1日」だったのです。1917年?それだと大正時代で第一次世界大戦のころですよ。もう平成になって随分たつんですけど。ちゃんと「来年は2017年だよ」と教えるべきだったなあ。
先日家内とスーパーに買い物に行きました。レジの前まで来た時、家内が「やっぱりこれは違うスーパーで買う」と言って商品を一つ戻しに行きました。私はそのままレジに進み会計を済ませて待っていました。家内が戻ってきましたが、私がレジの前にいないので、レジの手前でこちらに背を向け商品売り場を探し始めましたが、当然私が見当たりません。次にレジに並んでいる人を私から向かって左から順に探し始めました。すると私に似た人がいたようで、「あっ、いた」という顔をしましたが、次の瞬間「いや、違った」という顔になり、目は次のレジへと移り、順にレジを確かめていきようやく私に目が留まりました。私の所に来た家内は、「まさか会計しているとは思わなかったので、売り場探して、レジの列を見たら、背丈が同じくらいの頭の禿げた男性がいたので、そこだと思ったら禿具合が違うので、他を探したの」と言いました。えーえー、その行動は手に取るようにわかったけど、私の目印がそれだったとはね、さすがにわかりませんでした。
以前、若かりし頃、営業で企業訪問した時に、大勢の社員さんがいるなかで、同じ年齢の独身男性に、<貴女の体重は何キロ?>と聞かれ、少しふっくらとしてきたことを気にしていた当時の私は、正直に答えられなくてとっさに<私の家の体重計は、へんなんですよ。。>と言ってしまいました。すると、それを聞いていたいた周りの社員さん達に私の方を振り返り大笑いされました。でもその事があって皆さんと打ち解けることが出来て、仕事に良い結果となりました。
昨年の春、道路わきでケガをしているメス猫を妹が保護しました。祈りが通じたんですね、“にゃーこ”と名付けられ今では元気に過ごしています。しかし、介護中の妹宅では飼うことができず、我が家にやってきました。けれど、殆ど姿を見せず半年程引きこもり生活の“にゃーこ”。やっと姿を見せてくれるようになって、数回の脱走。そんな時事件が起きました。古い作業場に近所の猫が子猫出産。数日後“にゃーこ”がまたまた脱走!後を追って行ったら、なんと・・・ご近所猫の産箱の中に!ちょうどママさんお留守だったのね〜。子猫ちゃん達を舐めなめしてるし。本当のママさんも寄せ付けず、“にゃーこ”も2日間子猫につきっきり。母猫も姿をみせなくなりました。仔猫ちゃんたちの状態も心配。“にゃーこ”のいない隙に我が家に箱を移して子育て中。私も哺乳瓶片手に寝不足奮闘中☆でも3匹の仔猫ちゃんの愛らしさに癒されます。早くおっきくなーれ♡