ワラウ - 遊べるポイントサイト

みなさんのたのしいエピソード&ミニストーリーを募集中!

応募・規定につきまして

  • 投稿いただいた内容は必ず掲載されるわけではありません
  • 投稿文は、編集して掲載する場合がございます。又、200〜500文字以内にお願い致します
  • 投稿文は株式会社オープンスマイルに帰属します。個人を特定する内容、誹謗中傷、著作権、商標権に反する内容、商業目的などに該当すると判断した場合は掲載されません
  • ブログに掲載されるまで、多少のお時間が掛かります
  • ポイントプレゼントのため、ワラウに登録されているメールアドレスでご投稿ください

応募&投稿フォーム

  • タイトル (10文字以内)
  • 投稿文 (200〜500文字以内)  現在 0 文字
  • ペンネーム (10文字以内)
  • メールアドレス (半角英数)
  • 性別 男性 女性
  • 年代
  • 都道府県
◆ 個人情報の取り扱いについて
ご登録情報は、JISQ15001に準拠する規程に基づき、適切に管理いたします。 株式会社オープンスマイルのプライバシーポリシーはこちらをご確認ください。

【個人情報の利用目的】
・ポイント付与手続きに必要な業務範囲内で、ご入力頂いた情報を利用いたします

【取扱いについて】
・ご本人の同意がある場合や法令に基づく場合を除いて、個人情報を第三者に開示する事はありません
・個人情報をご入力いただけない場合は、ポイント付与のお手続きが完了できません
≪個人情報に関するお問合わせ窓口≫
株式会社オープンスマイル
個人情報保護管理責任者 山本敏匡
privacy@opensmile.co.jp
これはある日のことです。のんびり道を歩いていると、ワンワン上の方から聞こえてくる。それを聞いてどう思ったか。マンションのベランダから犬が鳴いているのか。それで吠えている。それだったら、犬が見下ろしているな。その犬を探してみたけどいない。そんな建物だってなかった。その代わりにカラスが一羽とまっていたんだ。そのカラスがワンワン鳴いている。まさかと思ったけど、そいつだった。あいつがそうだ。カラスって犬の鳴き真似をするんだ。初めて見たけどびっくりした。どこで覚えたんだ?
近所で親しくしている奥さん。だいぶ年上なので娘のように扱ってくれる面倒見のいい人。不思議なのが短時間だけどパートに出ているはずなのに、近所中の情報を完全に把握していること。いつどこに誰が引っ越して来たは当然ながら、近所の奥さん達がどこで働いて何時に帰宅するとか家族たちの休みは何曜日など、監視カメラもないのに何故知ってるの?誰が具合が悪くて、誰がどこの病院に入院中とか。知らない事などないくらい情報を握っているのでいつも驚かされる。私の帰宅時間も知ってるだろうなぁ・・・普通のおばちゃんは仮の姿で実はどこかのスパイだったりするんじゃないかと密かに疑ってます。
帰りが遅くなってしまったある日のこと。駅から家へ向かう道で、ちょっと暗いところがあるので多少ビクビクしながら歩いていると、後ろから男の人の声が。しかも、「畳!」と言っているようでした。あまりに場違いなその言葉にびっくりしていると、次は「水、水」と。変な人なのか、はたまた妖怪?…気にはなりつつもなんだか怖くて振り向けないし、明るいところに出たら振り返ってみようと足を速めました。すると次は「雑巾!…あ!」との声が。思わず振り返ると、人のよさそうなサラリーマンが携帯電話で、「頼むよ○○ちゃん、お父さんの負けだからお母さんに代わってよ」と話していました。娘さんとしりとりをしていらしたようです。しかしお父さん、なんで畳掃除を…怖かった帰り道が、ちょっとほっこりした瞬間でした。でもできるだけ早く帰ろうっと。
部屋の大掃除をしていた時のこと。私は1階の中庭で脚立に立って待機。2階では姉がカラーボックスを抱えてきました。ベランダ越しに下の私へ手渡しをするためです。脚立といっても三段ほどの高さまでしかないので一番上に立っても2階のベランダからは結構な距離があり、なかなか思うように受け取れませんでした。そこへ限界を超えた姉の手からカラーボックスが私に向かって上から降ってきました。姉の悲鳴を聞きながら私は頭を守り脚立から落ちまいと体を緊張させました。バリン!と大きな音と激しい衝撃の後、なぜか姉の大笑いが聞こえました。私はどうやらカラーボックスの棚の中をズバっと通り抜けて裏板を突き破ったようです。上から見ていた姉には箱から飛び出してきたように見えたとのこと。まさにマジックのショーのように。危機一髪からの華麗な登場。今でも語り草です。
この数年、毎朝車内で盲導犬が乗車します。私が乗車した時にはラッシュで隣の人と押し合う様な状況で、足元に盲導犬が居るのに気づけない時もあり、電車が急停車した時や乗降の際に盲導犬の足を踏んでしまわないかと心配になります。盲導犬はさすが訓練されているだけあり、鞄をぶつけられても狭いところでもじっと我慢していい子にしていますが、その盲導犬が最近ちょっと気になる行動をようになりました。気付いたきっかけは、ちょうど犬の鼻先にケンタッキーの箱をビニールに入れて持ってる人がいて、側にいる私達にも匂いがわかる程でした。犬も流石に鼻先に箱を付けられては(混んでるので)顔を箱の方に向け鼻をクンクンさせ、これには周りの人も苦笑いをしていました。でも数日たった位から、その盲導犬を見かけると、座っている他人の膝の上に顎を乗せる様にしたり、近くの人のコートの中に顔を入れる仕草をしたりと少し??の行動をする様になりました。飼い主は見えていないので、盲導犬の鎖が動くと自分の方へ寄せ、最近の犬の行動には気づいていません。盲導犬として仕事をこなしているとは思いますが、引退の時期かな〜と門外漢ながらもとても気になります。